艦これ「侵攻阻止!島嶼防衛強化作戦」E6 ソロモン諸島沖 「鉄底海峡の死闘」第2戦力ゲージルート短縮

艦これ「侵攻阻止!島嶼防衛強化作戦」E6 ソロモン諸島沖 「鉄底海峡の死闘」アイキャッチ期間限定イベント
スポンサーリンク
ぽろ
ぽろ

こんにちは、ぽろです

艦これ「侵攻阻止!島嶼防衛強化作戦」E6 ソロモン諸島沖 「鉄底海峡の死闘」第2戦力ゲージルート短縮ギミックの攻略・編成例の紹介です。

【侵攻阻止!島嶼防衛強化作戦】

E6 ソロモン諸島沖 「鉄底海峡の死闘」第2戦力ゲージルート短縮

E6 ソロモン諸島沖 「鉄底海峡の死闘」は、第1戦力ゲージ>第2ゲージ開放>ルート短縮ギミック>第2ゲージ戦力ゲージ>第2ボス装甲破砕ギミックの順に攻略します。

ここでは、第2戦力ゲージルート短縮ギミックについての攻略・編成例です。

  • 連合艦隊:連合艦隊で出撃
  • 出撃識別札:第二艦隊付与

ルート短縮ギミックでは、第2ボスへのルートが短縮されるギミックで、CマスからKマスへの短縮ルートが出現し空襲1回減らすことができます。

艦これ「侵攻阻止!島嶼防衛強化作戦」E6 ソロモン諸島沖 「鉄底海峡の死闘」第2戦力ゲージルート短縮ギミック開放後マップ

攻略・編成例

甲作戦で攻略してるので、甲作戦のギミック甲攻略となり乙・丙・丁とは解除条件が異なります。

ルート短縮ギミック条件:甲作戦

  • Cマス:S勝利×1
  • Gマス:航空優勢以上×1
  • Oマス:航空優勢以上×1
  • Vマス:S勝利×1
  • 基地防空:航空優勢以上×1

Cマス・Gマス

水上打撃部隊で出撃、1回の出撃で同時に達成可能。

  • C:対潜マスでS勝利×1
  • G:空襲マスで航空優勢×1

第1艦隊

  • 戦艦×2、重巡系×2、軽空母×2

Oマス航空優勢と同じ編成と装備。

対潜と空襲戦のみで通常戦闘はないので、戦艦、重巡は適当な装備でもOK。

空母と航巡は艦戦や水戦ガン積みで制空優勢を目指しましょう。

艦これ「侵攻阻止!島嶼防衛強化作戦」E6 ソロモン諸島沖 「鉄底海峡の死闘」Bマス・Oマス第1艦隊

第2艦隊

  • 軽巡×1、駆逐×5

対潜をメインに装備、基地航空で東海部隊を出すならここまで対潜は必要ないので、対空艦をもうもう一人いれてもいいですね。

艦これ「侵攻阻止!島嶼防衛強化作戦」E6 ソロモン諸島沖 「鉄底海峡の死闘」Bマス・Oマス第2艦隊

Oマス・Vマス

※Oマス・Vマスについては第2戦力ゲージ開放と同一の攻略なのでそちらを参照してください。

艦これ「侵攻阻止!島嶼防衛強化作戦」E6 ソロモン諸島沖 「鉄底海峡の死闘」第2戦力ゲージルート開放
艦これ「侵攻阻止!島嶼防衛強化作戦」E6 ソロモン諸島沖 「鉄底海峡の死闘」第2戦力ゲージ開放ギミックの攻略・編成例の紹介です。E6 ソロモン諸島沖 「鉄底海峡の死闘」は、第1戦力ゲージ>第2ゲージ開放>ルート短縮ギミック>第2ゲージ戦力ゲージ>第2ボス装甲破砕ギミックの順に攻略します。ここでは、、第2戦力ゲージルート開放ギミックについての攻略・編成例です。

基地防空

1部隊、もしくは2部隊を防空に回せは基地防空優勢は余裕で取れるでしょう。

東海部隊を潜水マスに飛ばすと楽に攻略出来るでしょう。

基地航空「侵攻阻止!島嶼防衛強化作戦」E3 四国沖/九州西方五島列島沖「五島列島沖海底の祈り」拡張「六水戦」、最前線へ! 基地航空

まとめ

空襲マスを回避でき、最短ルートでボスまで行けるようになるので面倒でもギミック解除するほうがいいでしょうね。

空襲では事故ることもあるので回避できるのはうれしい。

【侵攻阻止!島嶼防衛強化作戦】

DMMゲーム

本格的タワーディフェンスRPGが登場!

突如として復活した魔物の軍団に国を滅ぼされた王子となって
個性豊かなユニットを指揮して敵を迎え撃て!

過酷な戦いを勝ち抜く鍵は仲間たちとの信頼だ!
あなたを慕う女性達との親密度、頼れる男たちとの
信頼度があがると能力がアップする!
さあ!愛と信頼と戦略で世界を守り抜け!

花の世界【スプリングガーデン】の平和を脅かす害虫達。
害虫と戦うために訓練された騎士を【花騎士】と呼ぶ。
君は花騎士を率いる団長となり世界を救うのだ。

可愛い花のキャラクター(花騎士)達が活躍する本格派RPG

深い霧に覆われた大陸イリスクラウド。
各国の国境にそびえる巨大樹の周囲から全世界へ広がるその霧の中には、ミストモンスターと呼ばれる凶悪な魔物が棲み着き、人を惑わし、人を襲った。
人々はその忌まわしき霧を――――幻霧と呼んだ。
幻霧はどこから生まれるのか?いつからこの世界を覆っていたのか?
イリスクラウドにある五つの国は幻霧を研究し、ミストモンスターに対抗する軍を持った。

コメント

タイトルとURLをコピーしました